くらし情報『本場・中国で人気のパンダは「ふてぶてしい態度」が大ウケの“フワちゃん”系』

2021年9月27日 11:00

本場・中国で人気のパンダは「ふてぶてしい態度」が大ウケの“フワちゃん”系

本場・中国で人気のパンダは「ふてぶてしい態度」が大ウケの“フワちゃん”系
※写真はイメージです
2021年6月、上野動物園で4年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれた。母親はシンシン。漢字では真真と書く、中国生まれのパンダだ。日本ではもちろん、本場中国でもその人気は高い。ただ普通のパンダは見飽きているようで、中国では風変わりなパンダが人気を博しているようでーー。

◆◆◆■ふでぶてしい態度が人気!?中国最新パンダ事情

何かと政治的な軋轢が生じがちな中国だが、非常に強力な外交カードのひとつがパンダだろう。

日本でのパンダ人気は説明不要だけれど、中国とは常に政治的な緊張関係にある台湾でさえ、台北市立動物園にパンダがおり、地下鉄の構内ビジョンで「今日のパンダの様子」を報道していたこともあるくらいで、人気の高さがうかがい知れる。

パンダは動物でありながら、中国のイメージ向上に相当な貢献をしていると言えるだろう。

そんな中国で今、話題になっているパンダは、四川省・成都の『成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地』にいる金宝(ジンバオ)(2019年8月9日生まれの雄)だろう。普通のパンダより耳が大きくボサボサかつフワフワしており見た目はキュートなのだが、その反面ふてぶてしく見える態度が大人気なのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.