くらし情報『草なぎ剛「つらさや疲れを超越する瞬間がある」演じることの楽しさを語る』

2021年9月19日 20:00

草なぎ剛「つらさや疲れを超越する瞬間がある」演じることの楽しさを語る

草なぎ剛「つらさや疲れを超越する瞬間がある」演じることの楽しさを語る
草なぎ剛撮影/廣瀬靖士
『新しい地図』の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が特写インタビューに登場。ここでは、大河ドラマ『青天を衝け』の徳川慶喜役も話題!草なぎ剛の個別インタビューをお届けします。

■慶喜は「よくわからない人」

――大河ドラマ『青天を衝け』の収録もあとわずか。この1年はずっと徳川慶喜という役と寄り添ってきたわけですけど、草なぎさんにとって慶喜はどういう人物でした?

「よくわからない人でしたね(笑)。勝手に大政奉還しちゃったり、幕府軍を置いて江戸に戻ってきちゃったり……ホントつかみどころがない人でした。歴史上の謎でもあるので、そんなミステリアスな部分も楽しみながら演じています」

――考え方が武士ではないですよね。合理主義者で、すごく現代人っぽい人のような気がします。

「頭が切れるし、時代の先を読む力もある。武士という立場は慶喜にとっては生きづらかったのかもしれないですね。だって、明治に入ってから生き生きしてますもん。絵を描いたり、自転車に乗ったり、写真も好きでよく汽車を撮ってた。今の鉄オタの元祖ですよ(笑)。

格好もすぐに洋装に替えちゃったし、将軍時代からナポレオンにもらった軍服を着てた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.