くらし情報『波岡一喜、コワモテ俳優のちょっと意外な素顔「娘にとって自慢できる俳優に」』

2021年9月19日 18:00

波岡一喜、コワモテ俳優のちょっと意外な素顔「娘にとって自慢できる俳優に」

波岡一喜、コワモテ俳優のちょっと意外な素顔「娘にとって自慢できる俳優に」
波岡一喜撮影/山田智絵
オリンピック、パラリンピックの期間中は放送がお休みだった大河ドラマ『青天を衝け』が再始動。パリから戻った栄一(吉沢亮)は、明治維新後の日本を目の当たりに。徳川慶喜(草なぎ剛)が蟄居する駿府を訪れると、そこには川村恵十郎(波岡一喜)の姿も……。

* * *

故郷・血洗島から江戸にやってきたばかりの栄一らを平岡円四郎(堤真一)に引き合わせ、武士、ひいては事業家への道を歩む原点をつくった人物こそが、川村恵十郎。寡黙でコワモテだが、忠義に厚い。常ににらみを利かせる中で、激レア笑顔を見せた第15回(5月23日放送)は多くの女子がときめき、ツイッターでトレンド入りも。

「あはははは。冷たく見えるから、そのギャップですよね(笑)。ただ、やっているほうとしてはそこを狙う気持ちはなかったので、全く予期せぬ反応でした。円四郎さんを守れなかった回の反応は予想していましたが。無口な恵十郎をそこまでちゃんと見てくださっていることが、とてもうれしかった」

演じるにあたり、川村恵十郎について調べるも、多くの資料は見つからず。かつて、その人物像にスポットが当たったこともない。

「僕の中では、静かに自分の仕事をまっとうすることだけを考え、演じていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.