くらし情報『波岡一喜、コワモテ俳優のちょっと意外な素顔「娘にとって自慢できる俳優に」』

2021年9月19日 18:00

波岡一喜、コワモテ俳優のちょっと意外な素顔「娘にとって自慢できる俳優に」

“絶対、営業に向いてるから社員になれ”って何度も言われましたね。断りましたけど(笑)」

若かりしころはオーディション会場でメンチを切り、“現場は戦場”という意識が強かったという。

「役は取り合いですからね。“なんとなく役者やってます”“なんとなくオーディション来ました”。そりゃ受からないですよね。バランスのいい小さな五角形を作る人間なんて、誰も興味がない。へこんでいるところはあっても、ボーンと突出しているところを面白がってもらわないと。なので、そのスタンスとして“闘争心あるよ”と伝えていました。“趣味ケンカ、特技ケンカです。よろしくお願いします”って(笑)」

当時はやんちゃな作品が多かった。『パッチギ!』、『クローズZERO』シリーズ( ’07年、 ’09年)、『ドロップ』( ’09年)……確実に俳優としての地位を築いていった。■子どもは3人、毎朝一緒に幼稚園へ

「今はもうソフトですよ。超ソフト(笑)。大人になったから?うーん。子どもできて、圧倒的に丸くなりましたね。守るものが大きいでしょ?」

’06年に結婚。今では中学生の長女、小学生の長男、幼稚園に通う次女の父親だ。

「いいか悪いかでいったら、いいお父さんだと思いますよ(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.