くらし情報『“おうちごはん”、備えたストック食材で健康被害も「やってはいけない食品保存術」』

2021年9月20日 07:00

“おうちごはん”、備えたストック食材で健康被害も「やってはいけない食品保存術」

“おうちごはん”、備えたストック食材で健康被害も「やってはいけない食品保存術」
※画像はイメージです
おうちごはんが増えるとつい食材を買い込み無駄にしてしまう、という人も多いのでは。そこでポイントとなるのが保存法。冷蔵室や冷凍室の正しい使い方を理解せずになんとなく詰め込んでいるなら要注意だ。

昨年から始まったステイホームの影響により、多くの家庭でおうちごはんが増えている。

しかし、急に食品のストックが増えたことで、「うまく保存できずに食材をダメにしてしまった……」という声も少なくないのでは?

食材はなんでもかんでも冷蔵庫に入れておけば安心というわけではない。間違った保存方法だと、冷蔵庫内でどんどん劣化していくばかりか、ほかの食材に悪影響が。また、知らずに雑菌が繁殖したものを口にしたりと健康被害も起こりうる。

食品に合った正しい保存方法を知れば、美味しさも鮮度も損なわず、さらに食材を無駄なく使い切ることができるのだ。

■昔のままの保存方法が食品をダメにする原因に

ところが、食品の保存方法は、意外とマイルールでやっている人が多いのも事実。

「昔と今とでは気候も違うし、家のつくりも違います。それにともない食品の保存方法も変わっているんです」

とは、料理研究家の島本美由紀さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.