くらし情報『新井恵理那も着用で話題、「ふんどし」でチクチクかゆみの“肌着トラブル”を回避』

2021年9月18日 07:00

新井恵理那も着用で話題、「ふんどし」でチクチクかゆみの“肌着トラブル”を回避

新井恵理那も着用で話題、「ふんどし」でチクチクかゆみの“肌着トラブル”を回避
新井恵理那アナ(公式インスタグラムより)
いまや生活に欠かせない化学繊維。衣類や寝具などに使われ、安価で肌触りのいいものもあるが肌のトラブルなどで悩みを訴える人も多くアレルギーという問題も。身体に負担をかけないよりよい付き合い方とは――。

■わき腹の猛烈なかゆみで目が覚めた

肌着の刺激でチクチクしたり、我慢できないほどのかゆみを感じたり……。そんな経験はないだろうか。

40代女性のAさんは、いわゆる“あったかインナー”が原因で皮膚科を受診するはめになった。

9月に入って夜は身体が冷えるようになり、保温効果のある機能性インナーを着用して寝たところ、わき腹の猛烈なかゆみで目が覚めた。睡眠中に無意識にかきむしっていたようで、肌が赤くなり、熱をもっている。

しばらくかゆみがおさまらなかったため皮膚科を受診すると、肌が軽い炎症を起こしていることがわかり、ステロイド軟膏が処方された。

あったかインナーが暖かいのは、水蒸気として出た汗が液体に変わるときに熱を発する性質を使用しているから。天然素材に比べ、レーヨンなどは乾くのに時間がかかるという欠点も。なので、

「睡眠中に着用することはおすすめできません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.