くらし情報『不登校YouTuber ゆたぼんが抱える“孤独”、動画が暗示していた「学校の必要性」』

2021年9月16日 06:00

不登校YouTuber ゆたぼんが抱える“孤独”、動画が暗示していた「学校の必要性」

不登校YouTuber ゆたぼんが抱える“孤独”、動画が暗示していた「学校の必要性」
裏ゆたぼんちゃんねるのオープニング映像
「ハイサイまいど!少年革命家、ゆたぼんです!」

2019年に『琉球新報』で不登校ユーチューバーとして一躍全国にその名を轟(とどろ)かせたゆたぼんが中学生になった。不登校はそのままに。

ネットニュースで自然と流れてくる彼の情報(どれも反響は大きい)に目を向けてみると、今もユーチューブを舞台に活動をしていることがわかる。最近はこんな感じ。

《ゆたぼんが不登校児増加でアンチに通告「時代はオンライン」「学校行け!は完全に思考停止」》(東スポweb)

《「学校行きたくない子は行かんでええ」不登校YouTuberゆたぼん、夏休み明けの子ども達を心配》(『J CASTニュース』)

彼が話題になってから2年経った現在も、その時々で旬な「学校ネタ」に食いつく動画をアップしている。ことあるごとに「思考停止したらあかん!ロボットになるな!」との決め台詞を発するゆたぼんこそ、再生回数を稼ぐロボットになってはいないかと心配になる。しかしながら、そのべしゃりぶりはコメント欄に「島田紳助みたい」と書き込まれるほど、中一とは思えぬ見事な演説口調である。

そんな彼が『ゆたぼんゲームズ』なるサブチャンネルを開設しているのをご存知だろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.