くらし情報『《池袋暴走事故》飯塚幸三被告「刑務所ってどんなところ?」関係者に漏らした覚悟』

2021年9月16日 12:46

《池袋暴走事故》飯塚幸三被告「刑務所ってどんなところ?」関係者に漏らした覚悟

(阿部さん、以下同)

もともと被告の家族は控訴することに反対していて、

「“やめてほしい”と訴えていました。被告は控訴して有罪を覆したいという気持ちもあったかもしれませんが、“被害者遺族が嫌がることをしたくない”という思いが勝ったんだと思います。苦渋の決断だったのでしょう」

■刑務所に入る覚悟はできている

事故当時、飯塚被告は逮捕されなかったことから、警察が旧通産省工業技術院の元院長という高級官僚だった被告に忖度したのではないかと問題視された。被告自身も世間から“上級国民”と揶揄されて多くの非難を浴びた。

「飯塚被告に非があるわけではないのに……。彼は純粋な技術屋さんで、政治力を行使するような人ではありませんよ。警察が逃亡や証拠隠蔽の恐れがないと判断しただけなんですから」

都内にある被告のマンションに、連日マスコミが殺到するなど報道が過熱。街宣車が大音量で叫び、脅迫状や爆破予告なども届いたという。

「いわれなき誹謗中傷です。被告はそれらに、ひどく怯えていましたね。一度、某テレビ局が駐車場へ来ていて、そこで逃げられない状態になったため、仕方なくインタビューに応じたことがあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.