くらし情報『V6が乗り越えてきた「いじめと挫折」と、デビューから26年で積み上げた「人間力」』

2021年10月26日 17:00

V6が乗り越えてきた「いじめと挫折」と、デビューから26年で積み上げた「人間力」

V6が乗り越えてきた「いじめと挫折」と、デビューから26年で積み上げた「人間力」
1997年、全国ツアー『WAになっておどろう』中のV6(撮影:本誌写真班)
V6が今年11月1日に解散する。1995年11月1日のCDデビューから誰ひとり欠けることなく芸能界のトップを走り続けてきた6人。

デビュー時は最年長のリーダー・坂本昌行(50)が24歳、最年少の岡田准一(40)は14歳の中学3年生。それまでのジャニーズでは珍しい、メンバーに年の差のあるグループとして注目を集めた。

普通なら、特に若い時期なら、これだけ年齢が離れていれば、ギクシャクしてしまいそうなもの。だがV6は違った。今年3月12日に発表された解散報告コメントで、

「僕たち6人が築き上げた、他人でも家族でも友達でもない、特別で大切な関係」
「今もなお、メンバー同士、冗談を言い合える日々が続いていることに感謝」

と記したとおり、彼らは固い絆を26年間、強く持ち続けてきたのだ。

■「高校の友達は一生もの」

翻って、今の世の中を見ると、コロナ禍で人とのつながりは急速に希薄になり、ハラスメントや学校現場でのいじめ問題などのニュースが後を絶たない。

実はV6も、人間関係やいじめについて思い悩んだり考え込んだ時代があった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.