くらし情報『中国でウルトラマンは人気者でも、“中の人”・つるの剛士だけが嫌われている理由』

2021年9月25日 16:00

中国でウルトラマンは人気者でも、“中の人”・つるの剛士だけが嫌われている理由

中国でウルトラマンは人気者でも、“中の人”・つるの剛士だけが嫌われている理由
‘21年9月現在で最も新しいウルトラマンシリーズ『ウルトラマントリガー』のイベントが中国でも開かれることを伝えるポスターの一部(画像は中国のSNS・微博より)
2021年9月、中国の広東省でウルトラマンの偽物のフィギュアを大量に製造していたグループを逮捕したと現地の公安当局が発表した。日本円で約7000万円を売り上げたとみられている。中国でも人気の高い日本発のヒーローだが、日中間の“過去の遺恨”から問題も起こっているようでーー。

◆◆◆■大人気でも“中の人”はNG

2021年で放送55周年を迎えたウルトラマンシリーズ。中国では1993年から放映が開始され、根強い人気となっている。現在でもお菓子からスマホ、献血の啓蒙まで、さまざまなCMに起用されているほどだ。

筆者は中国の遊園地で独特にアレンジされたウルトラマンを好んで撮影している。だが、中国国内においてライセンスに対する感覚が向上したこともあり、年々少なくなっていくのも寂しい限りだ。

現在中国では、ウルトラマンの大規模展覧会が大都市を回って開催されている。ウルトラマンに出演した俳優たちは、何年たっても根強い人気があるという。

しかし、『ウルトラマンダイナ』で主人公アスカ・シンを演じたつるの剛士だけは別だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.