くらし情報『熊本玉名市議に不倫告発の怪文書、“決定的な証拠写真”に対する「見苦しい言い訳」』

2021年9月27日 17:00

熊本玉名市議に不倫告発の怪文書、“決定的な証拠写真”に対する「見苦しい言い訳」

(松本市議、以下同)

ホテルに2人で入った日の行動については、

「A子さんは以前から知り合いで、度々、個人的に相談事を受けるなどの間柄でした。この日はたまたまミヤネキリシマ(花の名前)が綺麗だということで、一緒に行ってみようという話になり出かけたんです」

相談の内容は言えないとのことだが、あくまで“男女の関係”はないと断言する松本市議。

「確かにホテルに一緒に入りましたが、中では相談に乗っていただけです。屋外では話せないような相談事ってありますよね。それでほかに場所がなくて、手短に個室のあるホテルで話そう、ということになったんです。ホテルに行ったのはこの一回きりです。

A子さんは2つ年上で、お姉さん的な感じで接していました。私的な相談なので、彼女の実家の建設会社や議員活動とはまったく無関係です」

だが、結果的にビラが撒かれたことで、さまざまな影響が生じている。

「妻や家族もショックを受けていました。今後はこのような軽率な行動はしないと誓いました。8月には議会内でもこの件が問題視され、任意の話し合いで議会の信頼を損ねたことについて謝罪しました」

一方で市民に釈明をする予定はないようで、

「議会の会期中の出来事ではなかったこと、プライベートな時間に会っていたことなので、あえて公に何かをするつもりはありません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.