くらし情報『“香害”の恐怖!「使ってはいけない柔軟剤」、加害者にならないための心がけ』

2021年10月3日 07:00

“香害”の恐怖!「使ってはいけない柔軟剤」、加害者にならないための心がけ

“香害”の恐怖!「使ってはいけない柔軟剤」、加害者にならないための心がけ
※写真はイメージです
柔軟剤は近年、香りが長続きするものが増え、香りの種類も多くなっている。ところが、その香りのせいで頭痛や吐き気など体調を崩す人が増えており、職場や学校でトラブルに発展するケースも。自分にとって快適な香りでも、周囲には迷惑になっているケースがあるのだ。重度の「香害」に悩まされている女性に話を聞いた。

■ある日突然頭痛や吐き気が……

「電車の中などで服から柔軟剤の強い香りがする人に近づくと具合が悪くなります。頭痛から始まって気持ちが悪くなり、動悸も速くなって、しばらく動けなくなってしまうんです……」

と話すのは、柔軟剤の香りがきっかけで重度の化学物質過敏症になってしまった藤森由希子さん(仮名、40代)。もともと香りに対して敏感というわけではなかったが、強い香りの柔軟剤を使っている人に会ううちに、突然症状が出るように。

それまでは自分でも柔軟剤を使っていたため、まさか原因が柔軟剤の香りとは思いもよらなかったという。いまから思い返せば、当時ときどき起こっていた頭痛やのどの痛みも香りが原因だった可能性が高いと話す。

「具合が悪くなっても最初のうちは我慢していたんですが、症状がひどくなって病院に行ったところ、重い化学物質過敏症と診断されました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.