くらし情報『惣菜が老化を早め、おにぎりが居眠り運転の原因に、スーパー&コンビニの「危ない食品」』

2021年10月4日 11:00

惣菜が老化を早め、おにぎりが居眠り運転の原因に、スーパー&コンビニの「危ない食品」

され、アミノ酸となって吸収される。タンパク質に塩酸を加えて加水分解すると、アミノ酸以外に多種の物質が発生してしまう。業界は減らす努力をしているが、例えばDMCP、DCPのような発がん性が疑われる遺伝毒性を持つものも生成されてしまうのだ。

だが、このタンパク加水分解物は法令上「添加物」ではなく「食品」である。そのため、タンパク加水分解物を使用した加工食品は、「化学調味料無添加」と表示できる。そんな表示のからくりについて、小薮さんは惣菜の揚げ物を例に挙げる。

「コンビニ弁当やスーパーの惣菜コーナーの天ぷらの衣はきれいな黄色をしている。あれは合成着色料のおかげです。ところが表記は着色料(βカロテン、ウコン)となっているため、消費者は何か身体によい成分かと勘違いしてしまうのです」(小薮さん)

合成着色料を使えば、古くなった油で揚げても天ぷら衣の色はきれいだ。もっと油が古くなって茶色くなったら、今度はカツやコロッケを揚げるのに使えばいい。

「その揚げ物が陳列され酸化すれば、人体にとってきわめて有害なものになります。老化を早め、脱毛や肝障害を引き起こすこともあります」(小薮さん)

■安い・長持ちで乱用される中国産添加物

例えば、とあるポテトサラダの食品表示ラベルを見てみよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.