くらし情報『コロナ禍でお葬式が様変わり、簡素にしすぎてトラブルも “後悔しないお見送り” の方法』

2021年10月3日 13:00

コロナ禍でお葬式が様変わり、簡素にしすぎてトラブルも “後悔しないお見送り” の方法

コロナ禍でお葬式が様変わり、簡素にしすぎてトラブルも “後悔しないお見送り” の方法
※画像はイメージです
1年半以上も続くコロナ禍。この前例のないパンデミック下で、もし大切な人が亡くなったらどうするか、はたして式は執り行っていいものか──。実際のところ、コロナ禍におけるお葬式事情はどうなっているのだろう?

■減り続けている従来の一般葬

「昨年からコロナで葬儀の在り方が変わり、さらに今年から新たな変化が起こっています」と話すのは、『クローバーグループ 小金井祭典』代表の是枝嗣人さん。

「いちばんの顕著な変化は、葬儀に参列する、いわゆる会葬者の減少。世の高齢化により、ここ20年、会葬者数は減り続けていたが、コロナ禍で拍車がかかり、今年に入ってからさらに加速した感があります」(是枝さん)

各地から多くの人が集い、会食を伴う葬儀は感染のリスクも高い。今年の1月、熊本で16人が感染するという“葬儀クラスター”が発生した事例も報告され、その事実は参列の自粛という風潮を生んだ。何より葬儀から人々の足が遠のいた背景に、東京=コロナのスポットという意識が地方に根強くあると是枝さんは言う。

「東京から息子さんが帰省したらお母様がデイケアを2週間受けられなくなった、東京へ行った会社員の方が2週間の在宅勤務を強いられたなど、当初は東京の人間と会ったというだけで濃厚接触者扱いされてしまう事例もありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.