くらし情報『宮沢氷魚がハマる“趣味”、オフの日は「未来の自分の家を想像しています(笑)」』

2021年9月28日 11:00

宮沢氷魚がハマる“趣味”、オフの日は「未来の自分の家を想像しています(笑)」

宮沢氷魚がハマる“趣味”、オフの日は「未来の自分の家を想像しています(笑)」
宮沢氷魚撮影/矢島泰輔
「小さいころからドラマが好きで、その世界に入ってみたいと思っていました。とにかくキラキラした作品が好きでよく見ていたんです。ただ、学校の勉強と部活で忙しくて、オーディションとかは行けませんでしたが、俳優という仕事は1回チャレンジしてみたいなと憧れていました」

’15年よりモデルとして活躍し、’17年にドラマ『コウノドリ』で俳優デビュー。’22年度前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』への出演が決まるなど、ドラマに映画、舞台と幅広くキャリアを積み、俳優としての階段を駆け上がっている宮沢氷魚。

現在、よしもとばななの原作小説を映画化した『ムーンライト・シャドウ』に出演。物語は恋人を亡くした主人公・さつき(小松菜奈)が、満月の夜の終わりに死者と再会できるという“月影現象”を通して、悲しみを乗り越えようとする姿を描くラブストーリー。宮沢はさつきと出会い一瞬で恋に落ちる青年の等を演じている。

「ひと目惚れみたいな経験はないですが、さつきは魅力的な女性なので、等が会った瞬間に“この人をもっと知りたい”という気持ちになるのはわかります。僕はよく笑う女性が好きですね。顔がクシャとなるくらい笑う人が」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.