くらし情報『“ネグレクト動物園”がこっそり再開!「キリンは倉庫に」元園長が明かした衝撃事実』

2021年10月1日 05:00

“ネグレクト動物園”がこっそり再開!「キリンは倉庫に」元園長が明かした衝撃事実

“ネグレクト動物園”がこっそり再開!「キリンは倉庫に」元園長が明かした衝撃事実
園内でニワトリやアヒル、カメ、マーラなどの動物が放し飼いにされている
「堀井動物園に動物を飼育する資格はありません。動物を使い捨てにしている」

2年前、週刊女性でそう厳しく糾弾したのは、同園の問題を長年にわたって指摘してきた動物保護団体『PEACE』の東さちこ代表。

■室内動物園をこっそり再開

同園は堀井嘉智園長が滋賀県守山市におよそ40年前に創設した個人経営の動物園。2つある飼育場でキリン、シマウマ、ハシビロコウなどの大型動物から、ウサギや犬、猫、爬虫類、鳥類、魚類まで約800種類、1000匹以上の動物を飼育。

移動動物園や同市のショッピングセンター内で『めっちゃさわれる動物園』を展開していた。しかし、飼育場の火事や動物の脱走、悪臭など、数々のトラブルを起こしていた。’19年、週刊女性は、その劣悪な飼育環境を報じた。複数の同園関係者によると、

「動物は動くことも困難な狭いケージや暗いコンテナ、倉庫に押し込められたように飼育されていて、掃除もろくにされていなかった。檻の中はエサの残骸が散らばり、糞尿が垂れ流されている状態でしたよ」

ほかにも、チンパンジーに値引きされたスーパーの弁当を食べさせたり、飼育場前に白骨化した羊の頭部を放置するなど、目を疑う光景が広がっていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.