くらし情報『部屋が汚いという理由で「死の選択」も、ゴミ屋敷清掃人が見てきた汚部屋の住人』

2021年10月11日 05:00

部屋が汚いという理由で「死の選択」も、ゴミ屋敷清掃人が見てきた汚部屋の住人

部屋が汚いという理由で「死の選択」も、ゴミ屋敷清掃人が見てきた汚部屋の住人
基幹病院のICUで看護師として働いている30代後半の女性の部屋。生活ごみの多い「コンビニ系」だった
「部屋がゴミに埋め尽くされ、自分ではどうしようもできない。私に依頼してきた人のなかには、今回、片づけを請けてもらえなかったら死のうと思っていたという女性もいました。部屋が汚いという理由で死ぬことを考えている人もいます」

と語るのは、年間800軒以上のゴミ屋敷や汚部屋の清掃を請け負っている「株式会社まごのて」の佐々木薫さん。

■ゴミ屋敷になりやすい職業

依頼者のほとんどは一人暮らし。女性が6割強を占める。

「職業で圧倒的に多いのは医療従事者。特に夜勤があるような総合病院で働いている方が多いです。仕事のストレスで片づける心の余裕がないのでは。人の生死にかかわる現場にずっといるのですから」(佐々木さん、以下同)

仕事はプロとして完璧にこなしているものの、家に帰ってコンビニで買ってきたごはんを食べたあと、ゴミをゴミ箱に捨てるのさえ面倒できないほど疲労していて、そのまま放置してしまう……それを日々、繰り返すことがゴミ屋敷化の第一歩となってしまうケースを多くみてきた。

「『片づけが苦手』というのとは、ちょっと違う感じ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.