くらし情報『山下智久、ビキニ女優・キン肉マンを差し置いて見せつけた「辞めジャニの意地」』

2021年10月9日 16:00

山下智久、ビキニ女優・キン肉マンを差し置いて見せつけた「辞めジャニの意地」

山下智久、ビキニ女優・キン肉マンを差し置いて見せつけた「辞めジャニの意地」
山下智久
10月4日発売の『週刊プレイボーイ』が55周年の特別企画として、山下智久を表紙とグラビアで起用し話題を集めた。撮影したのが女優の二階堂ふみということも、さらなる注目を集めている。

説明するまでもないが同誌は集英社が発行する男性向け週刊誌。前号は白いビキニの大原優乃、前々号もやはりビキニ姿の井本彩花と、いつもは女性タレントや女優の水着や肌の露出が多めの着衣グラビアが表紙を飾るなかで異例の山下起用。実際、“グラビア連動の表紙”を男性タレントが飾ったことは、55周年という長い歴史を誇る同誌の創刊以来はじめてのことだという。

『週刊プレイボーイ』のWEBページで近年の表紙を確認したところ、過去160号のうち、女性タレントや女優以外が登場する表紙を確認できたのは、

・井上尚弥(’20年10月26日)
・キン肉マン(’20年8月17日、19年5月20日号)

のみ。

ほかにも実在の女性ではない『鬼滅の刃』の女性キャラクター・竈門禰豆子が表紙を飾った号があるが(’21年7月12日発売号)、これは禰豆子を演じる声優の鬼頭明里との「ツーショット」扱いのもの。

■新しい読者層へのアプローチ

「プロボクサーの井上尚弥は男性ファンが多いということはありますが、集英社からカレンダーが発売され、それとの連動という事情もありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.