くらし情報『“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」』

2021年10月17日 17:00

“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」

“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」
『童謡こどもの歌コンクール』に出場したののちゃん(村方乃々佳/ののちゃん公式インスタグラムより)
「いーぬーのーおまわりさん♪こまってしまってわんわんわんわーん……」

かわいらしい振り付けで童謡『いぬのおまわりさん』を歌う小さな女の子─そう、昨年11月に開催された童謡歌唱の全国大会『童謡こどもの歌コンクール』において、なんと2歳(当時)で最年少入賞を果たした“ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃんだ。

あまりのキュートさと2歳児とは思えない堂々とした歌いっぷりで瞬く間に人気者に。童謡合唱団・音羽ゆりかご会を主宰する一般社団法人・日本童謡学会理事長の海沼実氏も、ののちゃんの歌声に驚いたひとりだ。

「音程や発音の滑舌、音感は同年代の子どもに比べて進んでいるなと感じます。それより何より、ののちゃんのように、もともと持って生まれた自分本来の声……“自然発声”をベースに歌うというのが童謡本来の姿なんです。昔は、ののちゃんのように歌う子どもや童謡歌手がたくさんいたんです。例えば、美空ひばりさんだとか松島トモ子さん」

だが昭和30年代以降、いわゆる合唱的な歌唱─子どもたちが裏声で歌うような歌唱が、学校教育の現場などで推奨されるように。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.