くらし情報『山崎努 “妻への献身介護生活” から2年、復帰ドラマ決定も最優先するは「夫婦の時間」』

2021年10月12日 21:00

山崎努 “妻への献身介護生活” から2年、復帰ドラマ決定も最優先するは「夫婦の時間」

山崎努 “妻への献身介護生活” から2年、復帰ドラマ決定も最優先するは「夫婦の時間」
9月下旬、背筋をピンと伸ばし、ハッキリとした口調で直撃に応じた山崎努
《いちばん楽しいのは、夕食をすまして、これからの生活についてあれこれ相談するときです》

妻との結婚生活について過去に『週刊女性』で語っていたのは、山崎努。当時は結婚10か月で、新婚ほやほや。時を経て、再来年には結婚60年を迎えるふたりは、今もゆっくりと愛を紡いで─。

「最近ドラマや映画で姿を見ないので、もしやご病気……と思ったら、奥さんが階段で転んで骨折し、山崎さんが献身的に介護しているというのでビックリしました」(テレビ誌ライター)

『女性自身』7月13日号で、骨折を機に弱った妻を支える山崎の姿が報じられた。2019年公開の映画出演を最後に、俳優活動を休業し、はや2年。

「山崎さんといえば、黒澤明監督の映画『天国と地獄』の誘拐犯役はすごい迫力だった。ただ、この映画の後に誘拐事件が多発して、国会でも取り上げられる社会問題に……。それだけ真に迫った演技をしたということでしょう」(舞台関係者)

演技については、俳優たちからの評価も高く、

「あの渡辺謙さんは彼を“師匠”と仰いでいます。また、若手の林遣都さんや蒼井優さんらも、山崎さんの著書『俳優のノート』を“役者のバイブル”だと言っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.