くらし情報『眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」』

2021年10月13日 17:00

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」

眞子さまの主治医と同僚だった医師が語る『PTSD』回復法は「記憶を上書きすること」
眞子さま
小室圭さんが30歳の誕生日を迎えた10月5日、赤坂御用地内の秋篠宮邸の1室には、秋篠宮さまと眞子さまのお姿があった─。

「南米パラグアイと日本の友好強化に貢献されたとして、父娘そろって、パラグアイ政府から勲章を贈呈されました。秋篠宮さまと眞子さまが、おふたりで行事に臨まれるのは、この日が最後になるとみられています。眞子さまにとっては、正式な結婚発表、そして“病状”の公表後、初めての公の場でもありました」(皇室担当記者)

小室さんが帰国してから2週間、自宅で息をひそめている間にも世間は大きく揺れ動いていた。

■特別扱いで批判された女性皇族

「入籍日が10月26日だったのには驚きました。眞子さまが30歳のお誕生日を迎える10月23日までにはご結婚されると思っていたので……。

ただ、それ以上に驚いたのは、精神科医として名高い『NTT東日本関東病院品質保証室』の秋山剛先生が同席されていたことです」(皇室ジャーナリスト)

会見の場で、秋山医師はこう切り出した。

「眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族および、お相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられる出来事を、長期にわたり反復的に体験された結果、『複雑性PTSD』と診断される状態になっておられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.