くらし情報『“のど力”は加齢とともに低下! キケンな肺炎を防ぐ、「30秒のどトレーニング」』

2021年10月17日 11:00

“のど力”は加齢とともに低下! キケンな肺炎を防ぐ、「30秒のどトレーニング」

“のど力”は加齢とともに低下! キケンな肺炎を防ぐ、「30秒のどトレーニング」
※写真はイメージです
日本人の死因の上位を占める肺炎。中でも誤嚥性肺炎が問題になっている。肺炎で亡くなるシニアの約7割が誤嚥性肺炎なのだ。最大の原因は「のど力」の低下。予防には、ワクチン接種と口腔ケア、さらに50代のうちから「のどトレ」で鍛えることが重要だ。簡単にできるトレーニングで、健康なのどをキープしよう。

■のどは使わないと衰えていく

いまだマスクが手放せない生活が続いている。会話が減ったり、人と会う機会が少なくなったりしたせいで、のどの“老化”が進んでいる可能性があるという。

「のどの老化は一般的に60代からといわれています。60代になると、のどの筋力が急激に低下するためです。ところが、のどは使わないと衰えていくので、40代や50代でもリスクが。会話が以前より減るなどしている人は要注意です」と話すのは、呼吸器専門医で池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生だ。

のどが衰えると、日本人の死因の上位に位置し、多くの人の命を奪っている「危険な肺炎」を引き起こしやすくなる。

まずは自分ののどの状態をチェックシートで確認してみてほしい。

あなたののどは大丈夫?
「のどの衰え」セルフチェックシート

●食事中にむせやすくなった

●なんでもないときにせき込むことがある

●食べ物や薬が飲み込みづらい

●せき払いが多くなった

●声がかすれることがある

思い当たる項目があるならのどの衰えが進んでいる可能性あり!

「これらの症状に心当たりがある人は、のどの老化が始まっている可能性がとても高いです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.