くらし情報『「50代からは服より先端」予約の取れないスタイリストが“おしゃれ見え”のコツを伝授!』

2021年10月15日 08:00

「50代からは服より先端」予約の取れないスタイリストが“おしゃれ見え”のコツを伝授!

「50代からは服より先端」予約の取れないスタイリストが“おしゃれ見え”のコツを伝授!
スタイリスト山本あきこさん
おしゃれが楽しい秋の到来。でも“クローゼットにはたくさん服があるのに、着たい服、似合う服が少ない”そう感じる人も多いのでは。50歳前後は体形や髪質、肌質が変わって今までの服が急激に似合わなくなってくる時期。そこで、これまでに1万人以上にスタイリングのアドバイスをしてきた「予約の取れないスタイリスト」山本あきこさんに、劇的におしゃれ見えするコツを伝授してもらいました。

■服よりまず「先端」

人気スタイリスト山本あきこさんに50代からのおしゃれで注目すべき点を問うと、

「大人の女性に気を配ってほしいのは、服よりまず先端!」と即答。先端とは、足元、手の指や爪、顔といった身体の先っぽのこと。この部分を整えるだけで、おしゃれ度がぜんぜん変わってくる!と山本さんは力説します。

「秋冬になると、深めな色を着るようになりますよね。そうすると、どうしても顔色が沈んで見え、全体的に老けて見えがちに。そこで、提案したいのが先端に“ツヤ”を足すこと!黒っぽい服を着たら、小さくてもいいので、テリのあるピアスやネックレスなどをつけましょう」

先端の中でも足元のおしゃれはとても重要。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.