くらし情報『「認知症は改善できる」医師が教える最新治療と予防法、最重要ポイントは“小麦断ち”』

2021年10月13日 08:00

「認知症は改善できる」医師が教える最新治療と予防法、最重要ポイントは“小麦断ち”

「認知症は改善できる」医師が教える最新治療と予防法、最重要ポイントは“小麦断ち”
白澤卓二先生撮影/近藤陽介
厚生労働省の発表によると、2025年の認知症の有病者数は約700万人となることが予測され、高齢者の約5人に1人が認知症という時代に。65歳未満で発症する若年性認知症という疾患もある。

一方で、薬やリハビリ、生活習慣の見直しによって、認知症の進行を遅らせたり、症状を軽くする研究も進んでいる。

■「認知症は改善できる時代になった」

「認知症は改善できる時代になりました」と語るのは、お茶の水健康長寿クリニック院長・白澤卓二先生(63)だ。

白澤先生といえば、アンチエイジング研究の第一人者であり、認知症予防改善に対しても30年以上の研究をされてきた。

そんな白澤先生によると、認知症はすでに“克服できる”という。実際、白澤先生のクリニックでは、解毒・神経再生療法といった、認知症治療を行っており、効果が実証されているという。

「機能性脳波検査、MRI画像の3D立体構築、遺伝子検査、重金属検査、フードアレルギー検査、前頭葉機能評価などをもとに診断し、認知症の治療を行っています。治療法は、神経幹細胞を活性化させ、栄養学に基づいた解毒を続けることが基本。だいたい半年後には、ご家族も患者自身も認知機能の改善・感情制御の改善を自覚できるようになります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.