くらし情報『眞栄田郷敦、デビューから2年で大躍進!しかし本音は「芝居をするのがつらかった」』

2021年10月15日 21:00

眞栄田郷敦、デビューから2年で大躍進!しかし本音は「芝居をするのがつらかった」

眞栄田郷敦、デビューから2年で大躍進!しかし本音は「芝居をするのがつらかった」
眞栄田郷敦撮影/渡邉智裕
“実写化は不可能”と言われ続けてきた国民的人気漫画『キン肉マン』。物語は、その実写映画化の発表会見で幕を開ける。しかも監督に園子温、プロデューサー&出演に綾野剛。眞栄田郷敦は、綾野から声をかけられウォーズマン役を快諾するも、現場は大問題を抱えていて……。

ドキュメンタリードラマ『キン肉マン THE LOST LEGEND』で演じるのは本人役。

「最初はどうなるか想像もつかなくて。監督(松江哲明)の別のドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』を見たら、どこまでがリアルで、どこまでがドラマなのかが逆にもっとわかんなくなって。

不安はあったんですが、いざクランクインしてみると、構成なんてどうでもいいんだな、と(笑)」

流れや押さえるべきポイントなどの構成は決められているが、それ以外は役者に託されるスタイルだ。

「普通のドラマや映画とは違い、待ち時間もほとんどなく。衣装は自前、メイクもほぼなし。現場に行ったらすぐカメラが回って、その場を生きて帰ってくる感じ」

ゆえに、撮影現場でのエピソードを尋ねられても、作品全体としか言いようがないと笑う。

「僕としては設定はドラマでも、葛藤、不安、勢い……それらの感情は全部リアル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.