くらし情報『テレビ・映画から「肝っ玉かあさん」が消えた!? 昭和から令和まで“母親役”の変遷』

2021年10月17日 21:00

テレビ・映画から「肝っ玉かあさん」が消えた!? 昭和から令和まで“母親役”の変遷

テレビ・映画から「肝っ玉かあさん」が消えた!? 昭和から令和まで“母親役”の変遷
左から、泉ピン子、薬師丸ひろ子、黒木瞳、森光子さん
長年、表現のテーマとなってきたのが、母である女性の立ち居振る舞い。これまでいろんな女優さんたちが印象的な「お母さん」を演じてきました。そんな「お母さん」とお母さん俳優たちを振り返り、その構造や裏話、変遷を検証しました──。

10月11日スタートの新ドラマ『サムライカアサン』(日本テレビ系)で、TOKIOの城島茂が“大阪のオカン”役を演じる。お母さん役といえば、これまでにさまざまな女優が演じてきた役どころ。そこで今回は、時代の移り変わりによるドラマのお母さん像の変遷をたどっていきたい。

■自分より“下”を見て励みにした

日本が復興期だった終戦後、“お母さんもの”の映画を「泣くために見る装置だった」と語るのは、NHK大河ドラマ『秀吉』(’96年)や『利家とまつ』(’02年)など数々の映画やドラマを手がけてきた脚本家の竹山洋さんだ。

「明日の米もないという時代だったから、子どもは母がどれだけ苦労しているか知っているんです。だから、三益愛子さんや水戸光子さんが演じるつらい境遇のお母さんを見ては『なんてかわいそうなんだろう』と家族で泣いたものでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.