くらし情報『高血圧の方は要注意! 血圧の名医が教える「最高なのに“最悪”な食べ合わせ」』

2021年10月17日 06:00

高血圧の方は要注意! 血圧の名医が教える「最高なのに“最悪”な食べ合わせ」

高血圧の方は要注意! 血圧の名医が教える「最高なのに“最悪”な食べ合わせ」
塩せんべいをつまみにビールを飲み、プロレス観戦なんてしてたらいつの間にかポックリ!?イラスト/長田直美
がん、高血圧、認知症。それぞれの名医が「一切、食べない」と断言する「命を縮める食材」。私たちが毎日口にしている、アレもコレもヤバイらしい。ついつい好きなものを選んでしまいがちだが、食事は命に直結するもの。循環器病の専門医・渡辺尚彦先生が警鐘する危険なメニューとは?

◆◆◆
30年間24時間、自分の血圧を測り続けている渡辺尚彦先生。高血圧を中心とした循環器病の専門医として“ミスター血圧”の異名をとる。

「血圧にとってよくないのは、かたくて塩辛い食べ物です。例えば、塩せんべい。これは塩分もですが、咀嚼するときの交感神経への刺激もよくない。みるみる血圧を上げます」(渡辺先生、以下同)

■かき氷で血圧急上昇!?

もちろん、味の濃いおかずもよろしくない。また、冷えた飲み物も末梢血管を収縮させるので血圧を上げる。

「食道は心臓の後ろ側と接していますから、冷たい飲み物が食道を通るとき、血管がきゅーっとなる。私の上司は冷えたビールを飲んだ瞬間、狭心症の発作を起こしました。

塩辛をつまみに冷えたビールなんて組み合わせは最高ですが、血圧的には最悪ですから避けましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.