くらし情報『40代で授かった第3子を中絶した妻、絶対に許せなかった“夫の不倫”と非情すぎる言葉』

2021年10月17日 20:00

40代で授かった第3子を中絶した妻、絶対に許せなかった“夫の不倫”と非情すぎる言葉

行政書士・ファイナンシャルプランナーをしながら男女問題研究家としてトラブル相談を受けている露木幸彦さん。今回は、第3子の中絶を決意した40代夫婦のケースを紹介します。

40代で授かった第3子を中絶した妻、絶対に許せなかった“夫の不倫”と非情すぎる言葉
※写真はイメージです■40代夫婦が中絶を選んだ特別な事情

男性の子どもを身籠った女性の立場になって考えてみてください。第一の選択肢はお腹の中での成長を待ち、病院で分娩し、子どもを育てていくことでしょう。しかし、一部には「ある事情」で出産することが難しく、泣く泣く子どもをあきらめ、堕ろさざるをえないケースもあります。中絶を選ぶのはどのようなカップルだと思いますか?

例えば、まだ学校に通っている未成年同士でお互いの両親が反対している場合、できちゃった婚をするつもりだったけれど途中で喧嘩別れする場合、そして彼が既婚者で結婚することが望めない場合などです。これらは金銭的、精神的、そして戸籍の問題が発生している場合ですが、「産みたいのに産めないケースは若年層に多い」という先入観もあるように思えます。

逆に年齢は40歳以上、関係性は夫婦、そして世帯の年収が合わせて750万円超ならどうでしょうか?一見、問題はないように思われます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.