くらし情報『40代で授かった第3子を中絶した妻、絶対に許せなかった“夫の不倫”と非情すぎる言葉』

2021年10月17日 20:00

40代で授かった第3子を中絶した妻、絶対に許せなかった“夫の不倫”と非情すぎる言葉

と勘繰りはじめました。今までカラオケが好きではなかった夫が突然、練習を始めるなんて……。

■妊娠中に明らかになった夫の不倫

筆者が「旦那さんのどこを調べたんですか?」と聞くと、好江さんは「書斎です」と答えます。夫の目を盗んで侵入して机の引き出しを開けると、帝国ホテルやホテルオークラの領収書、カラオケボックスのポイントカードなど怪しげな品が次々と出てきたのです。夫を必死に問い詰めると、デリヘルで知り合った女性にぞっこんだと白状しました。その女性に好かれたい一心で歌を練習したり、気に入られるために銀座のすし店でごちそうしたり、楽しませるためにディズニーランドやシーへ連れて行ったり、満足させるために高級ホテルに招き入れたりしたことが次々と明らかになったのです。

好江さんは「無神経で浅はかな行動に腹が立ちました!」と言いますが、実のところ、夫に愛されていたわけではなく、単なる性欲のはけ口であり、相手は誰でもよかったのです。しかも、好江さんが抱かれたのは自宅の寝室。カラオケでデュエットしたり、ごちそうを食べたりしたわけではありませんでした。むしろ不倫相手より下に見られていたのだから、余計に怒り心頭です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.