くらし情報『東出昌大に新恋人報道も、問題視される「撮影先のホテルに呼ぶ」業界の“タブー”破り』

2021年10月14日 07:00

東出昌大に新恋人報道も、問題視される「撮影先のホテルに呼ぶ」業界の“タブー”破り

東出昌大に新恋人報道も、問題視される「撮影先のホテルに呼ぶ」業界の“タブー”破り
直撃取材を受ける東出昌大(2020年)
《俺なんか、今すぐ消えた方がいいんだぁ!全部ぅ、俺のせいだから。ありがとね、ごめんね、ごめんねぇ》

俳優・東出昌大に久方ぶりの“文春砲”だ。10月14日発売の『週刊文春』が《広島呼び寄せ愛》として、東出に新恋人ができたことを報じたのだ。同誌によると、お相手は5歳年下の“ハーフ美女・A子さん”だという。

「アメリカ人の父と日本人の母を持つ女性で、同じくハーフの滝沢カレンに似た美女だそう。現在は丸の内に勤めるOLだそうです。東出も“もう少し近くに引っ越して”と、彼女を近くに住まわせるほどに入れ込んでいて、すでに部屋の合鍵を持つ仲みたいですよ」(芸能リポーター)

同じく『文春』が、9歳年下の唐田えりかとの3年間にわたる不倫を報じたのが2020年1月のこと。3月に謝罪会見を開くも、“妻の杏と唐田とどちらが好きか”という質問に口ごもる場面も見られた東出。妻に愛想をつかれるように、同年8月に離婚に至った。

■母性本能をくすぐる未熟さ

その1か月後、離婚後初めて、三島由紀夫没後50周年企画『MISHIMA2020』という舞台に立った東出は、冒頭のセリフとともに鬼気迫る演技を見せたのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.