くらし情報『羽生結弦に4回転半と金メダルの期待、活力は「深夜の練習」と「マスコミの注目」』

2021年10月21日 16:00

羽生結弦に4回転半と金メダルの期待、活力は「深夜の練習」と「マスコミの注目」

羽生結弦に4回転半と金メダルの期待、活力は「深夜の練習」と「マスコミの注目」
羽生結弦
「いよいよ今週末から、フィギュアスケートのグランプリシリーズが始まります。6つの都市で開催される大会の順位をもとにポイントが付与され、上位6名がグランプリファイナルに出場することができる大会で、10月から12月にかけて行われます。羽生結弦(26)選手は、11月12日から始まる『NHK杯』と、11月26日から始まる『ロシア杯』に出場します」(スポーツ紙記者、以下同)

’22年に冬季オリンピックが開催されるシーズンの本格的な幕開けに、注目が集まっている。

■羽生結弦、“最後の夢”のため

「10月22日から始まる第1戦の『スケートアメリカ』は、宇野昌磨選手や坂本花織選手らが出場し、羽生選手は出場しませんが、ライバルであるネイサン・チェン選手は出場します。ネイサン選手は、これが今シーズン初戦です」

羽生にとって、グランプリシリーズは2年ぶりとなる。

「昨年は、新型コロナウイルスの影響を鑑みて欠場しました。気管支ぜんそくの持病があることと、羽生選手が出場すると多くのファンやマスコミが集まって、感染拡大の要因となってしまう可能性があったことが理由です」

昨年に比べれば、感染状況は改善しつつあるとはいえ、世界的な規模で収束したとは言い難い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.