くらし情報『岡田准一主演映画『燃えよ剣』制作会社が倒産、原因は1話1億円かかる『全裸監督』か』

2021年10月21日 05:00

岡田准一主演映画『燃えよ剣』制作会社が倒産、原因は1話1億円かかる『全裸監督』か

岡田准一主演映画『燃えよ剣』制作会社が倒産、原因は1話1億円かかる『全裸監督』か
豪華キャストが出演しているだけに「日本アカデミー賞の最有力作品だ」と評する声も出ている映画『燃えよ剣』
10月15日、映画『燃えよ剣』が公開を迎えた。

「司馬遼太郎の小説が原作で、岡田准一さん演じる新選組副長・土方歳三を主人公に、新選組の志士たちが生きた激動の幕末を描きます。土方を愛したお雪を柴咲コウさん、近藤勇を鈴木亮平さん、沖田総司を山田涼介さんが演じるなど、豪華なキャスト陣です」(映画ライター)

■監督が綴った傷心ブログ

当初は’20年5月公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、約1年半の大幅な延期を経ての上映。しかし、この映画に降りかかった災難はこれだけではなかった。

「東宝映画とともに製作を担当していた『イメージフィールド』という会社が、クランクアップ直後の’19年5月に倒産していたんです。

TBS系のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などの人気作を手がけていましたが、資金繰りが悪化して民事再生法の適用を申請しました。スタッフへのギャラの支払いが滞るなど、以前から自転車操業状態ではないかと噂されていましたね」(制作会社関係者)

クランクアップ直後の制作会社の倒産が、映画に与える影響は計り知れない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.