くらし情報『「ひとりっ子は可哀想」旧友に暴言連発、マウンティングする女性を駆り立てている“不安”』

2021年10月23日 20:00

「ひとりっ子は可哀想」旧友に暴言連発、マウンティングする女性を駆り立てている“不安”

私が通っていたのは、地元でも珍しかった中高一貫の女子校。その中でも学生時代に同じバレーボール部で、仲がよかった容子さん(仮名・38歳)とは、子どもの年齢も近く、二人で会うようになりました」

香織さんの夫は、映画やエンタメ情報を扱う媒体の記者をしています。しかし、年収が手取りで300万円台といいます。香織さんも、もともとは出版社に勤務していました。

「経験を積んでエンタメ系の出版社に転職できればと思っていましたが、激務のため30歳を前に体を壊して退職しました」

香織さんは、容子さんのfacebookを見るとモヤモヤするそうです。

「容子さんの子どもが着ている服も小ぎれいだし、週末は家族で出かけていて羨ましくなるんです。うちは、夫の収入も少なくて、普段の生活はカツカツ。夫の髪はバリカンで自分で整えて貰っていますし、私も自分で髪を切っています」

■「学生時代は私のほうが上だったのに……」
ついマウンティングしてしまう

そんな香織さんは、2歳になる娘を育児しながら、来年春に出産予定の赤ちゃんを妊娠中。一方で容子さんは20代半ばで結婚し、すぐに第一子を出産していました。

「私は34歳で結婚しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.