くらし情報『岡本健一のジャニーズ専属契約終了で揺れる、「光GENJI組」居残る人の立場』

2021年10月21日 17:00

岡本健一のジャニーズ専属契約終了で揺れる、「光GENJI組」居残る人の立場

岡本健一のジャニーズ専属契約終了で揺れる、「光GENJI組」居残る人の立場
岡本健一(2021年)
元「男闘呼組」の岡本健一が、10月31日をもってジャニーズ事務所との専属契約を終了することが発表された。ジャニーズの公式HPでは岡本の決断について、

《50歳を過ぎ、タレントとしてのキャリアも35年以上が経過したことを節目に、これからさらに年齢を重ねていく中でより充実した創作活動を行うためにも、新たな挑戦が必要だと考えたことによるものです》

と、本人の意向であることを明かし、合わせて岡本個人とエージェント契約を締結することも発表された。

1993年の男闘呼組解散後、メンバーとして唯一ジャニーズに残った岡本は俳優業にシフトチェンジして数々のドラマや舞台に出演。元Hey! Say! JUMPの岡本圭人は長男だ。

「前妻とは2007年に離婚しましたが、2015年に一般女性と再婚して2児を授かっていたことが昨年明らかになりました。それでも圭人との関係は良好で、つい先日まで親子で舞台に立っています。そうそう、元SMAP・木村拓哉が憧れた存在でもあり、多くのトレンドを生み出した“キムタク”が密かにお手本にしていたのが岡本なんだとか」(アイドル誌編集者)

そんな事務所への忠誠心が強く、貢献度も高かった岡本が、なぜ今になって専属契約を終了するに至ったのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.