くらし情報『眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作』

2021年10月25日 11:00

眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作

眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作
’17年9月に行われた婚約内定会見
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚準備が着々と進められている。18日には小室さんが東京・元赤坂の赤坂御用地を訪れ、秋篠宮さまご夫妻に結婚のあいさつ。翌日、眞子さまは皇居にある宮中三殿を参拝、結婚をご報告し、22日には天皇皇后両陛下に結婚のあいさつをされた。25日は上皇ご夫妻にあいさつをされる予定となっている。

そして来たる26日。お二人は婚姻届を提出し、揃って結婚会見を行う。そこでどのようなことが語れるのか関心が集まっているが、気がかりなのが眞子さまの体調だ。

「10月1日、宮内庁から眞子さまと小室さんが26日に結婚されることが正式に発表されました。驚くべきことは、そこに精神科医でNTT東日本関東病院の秋山剛先生が同席されていたこと。そこで眞子さまが、複雑性PTSD(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態にあることが明らかにされたんです」(皇室担当記者)

■記者会見に出て大丈夫なのか

宮内庁が公表した秋山医師の文書にはこう書かれていた。

“眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果、『複雑性PTSD』(複雑性心的外傷後ストレス障害)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.