くらし情報『眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作』

2021年10月25日 11:00

眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作

と診断される状態になっておられます”

さらに文書には、眞子さまはある時期から<誹謗中傷と感じられるできごとに関する刺激は、できる限り避けておられる>こと、さらには<些細な刺激で強い脅威を感じられたり、集中困難、焦燥感、無気力といった症状がある>ということも記述されていた。

宮内庁の会見によると、眞子さまが心を痛めているのは、今に始まったことではなく、中学生のころから誹謗中傷と感じられる情報に触れられ、精神的な負担を感じられていたという。

そこで疑問なのが、果たして、この状況で26日の記者会見に出られるのかということ。これには多くの人が疑問を感じているようで、<会見に出て大丈夫なの?><眞子さまが心配>といった不安の声も。例え限られた数の記者しか出席しなかったとしても、カメラの向こう側には大勢の国民の“目”がある。現場の空気も祝福どころかピリついた緊張感に包まれることだろう。そこに立たれる眞子さまの心への負担は計り知れない。「複雑性PTSDでは、ささいな刺激によるフラッシュバックや“自己調整”の障害という症状があります。そのため、会見中に感情や記憶・思考、身体の動きを上手くコントロールできないといったことが出てしまう可能性があります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.