くらし情報『眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作』

2021年10月25日 11:00

眞子さま「複雑性PTSD」公表後の会見に心配の声、何としても避けたいパニック発作

また、PTSDの症状として、神経がピリピリと高ぶっている状態なので、皮肉や嫌味のある質問をされると、イライラや焦燥感を上手くコントロールできずに、表情や声色などに現れてしまう可能性もあります。

<記憶・思考>

やたら鮮明に、過去をこと細やかに記憶していることがある一方で、記憶の一部が抜け落ちてしまっている可能性もあります。それはつらかったときのことだけではなく、何気ない日常生活の1コマが抜けていることも。なので、会見では、周りから見たら『そんなことを忘れるのか?』と思うような一面があるかもしれません。

<身体の動き>

先に述べたように、動悸や冷や汗、手の震え、めまいなどの身体症状も特徴です。しかし、極度の緊張やストレスが強くなると、これ以上の刺激を受けないように、心の防御反応の1つとして感情が麻痺。そのため、表情がなくなりボーッと固まって動けなくなって(フリーズ)してしまうこともあります。

■求められる配慮

もし、上記のような症状が出てしまえば、会見中断ということもあり得るかもしれない。「だからこそ、そのような症状が出ないように本人への配慮や工夫が必要」と井上先生。

「たとえば、最初の段階から『本人の体調を優先して、予定の時刻より早く切り上げる可能性もあります』や『本人が途中で退室する可能性もあります』くらいにアナウンスしておくのは有効です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.