くらし情報『森田剛、11月1日のV6解散・ジャニーズ退所後は「宮沢りえの個人事務所」に移籍か』

2021年10月26日 16:00

森田剛、11月1日のV6解散・ジャニーズ退所後は「宮沢りえの個人事務所」に移籍か

森田剛、11月1日のV6解散・ジャニーズ退所後は「宮沢りえの個人事務所」に移籍か
森田剛
11月1日、V6が26年の活動に終止符を打つ。

「森田剛さんは、ジャニーズ事務所から退所することも決まっています。リーダーの坂本昌行さんは解散に反対していて、少年隊のようにメンバーが欠けてもV6の形は残しておきたいと考えていました。ですが、結局は森田さんの退所とともにグループも解散することになりました」(芸能ライター)

森田がV6を離れる気持ちを固めた背景には、宮沢りえとの出会いがあった。

「森田さんは2018年3月に宮沢りえさんと結婚。2016年に主演舞台で共演したことがきっかけで交際が始まりました。そのころから森田さんの舞台志向が明確に。もともと“自分の音楽がやりたい”“世界に出たい”という野望はなく、“今後は舞台に軸を置いていきたい”と話していたそうです」(同・芸能ライター)

退所の決断を陰で支えたのもりえだった。

「2010年にもV6解散の話が出たんですが、そのときは森田さんは反対派でした。今回もそうとう悩んで、妻のりえさんに相談したそうですよ」(芸能プロ関係者)

お互いに俳優として尊敬し合っている森田とりえ。脚本を見せ合って夫婦で役作りについて話し合うこともあるというが、

「役者として輝くりえさんを近くで見ていたから、森田さんもジャニーズ事務所を辞めて、役者一本で勝負していく覚悟ができたのでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.