くらし情報『片寄涼太が初著書、小泉今日子も認める文才「“書くこと”は高校受験で養われた」』

2021年10月27日 16:00

片寄涼太が初著書、小泉今日子も認める文才「“書くこと”は高校受験で養われた」

“僕を丸裸にしてくれる人”という小竹に向けて、日常生活での些細な出来事や心情、あるいは疑問や質問を綴るとともに小竹からの書簡に思いを巡らせる。

「おうち時間が増えたときだからこそ、ちょっとした行動や出来事に対しての感情の動きに気づきやすくなっていたと思います。

相手がいることで存在する自分を意識させられました。個人的なSNSより誰かに向けて発信する意識がより強かったと思います。自分が伝えたいことに軸がないと受け取る側は何が言いたいのかわからない。そうならないように心がけ、回数を重ねるごとに相手を楽しませたい、おもしろいと思ってもらいたいという欲が増えていきました」

■書く作業はつらくても…

1本の書簡は平均5日をかけて書き上げた。

「書籍化のために担当したまえがきは1日であっという間に書けました。書き始めると言葉や単語を思いつくことが以前よりも早くなっていました。1年で間違いなく鍛えられたと思います。

文章を書くことはつらい瞬間もあったけど好きなことにも気づけました。書き上げたものは翌日に前日とは違うシチュエーションで読み返して“自分校閲”をしてから送るようにしました。読み返してトゥマッチと思える文章は修正し、逆にいい表現だなと思えるものもありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.