くらし情報『シニアの医療費値上げに備える!病院代&薬代を「年間20万円」減らす節約法』

2021年10月29日 08:00

シニアの医療費値上げに備える!病院代&薬代を「年間20万円」減らす節約法

シニアの医療費値上げに備える!病院代&薬代を「年間20万円」減らす節約法
※画像はイメージです
来年から、75歳以上の医療費負担が1割から2割になる。窓口で払うお金がこれまでの2倍になるのだから、大きな違いだ。

■医療費は今後ますます増える

値上げのいちばんの理由は、2025年に団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者になることで起こる、医療費の急激な増加。少子高齢化が進む今、一定以上の収入がある後期高齢者にも医療費を負担してもらうことは避けられない。

「しかし、今後は高齢者ではなく、現役世代の医療費増額も十分考えられます」と医療費に詳しいファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは言う。

現在、後期高齢者の医療費は、その4割を現役世代が支払う保険料で支えている。今後、後期高齢者の医療費がさらに増えれば、現役世代にも増額という形でさらなる負担がのしかかってくる可能性がある。

これからますます家計を圧迫しそうな医療費を、できるだけ抑えるにはどうしたらいいのだろうか。

「医療費を節約したいなら、まずは予防が大切です。病気になってから医療費を払うよりも、運動や健診などの予防にお金を使うほうが合理的です」(黒田さん、以下同)

病気にならない身体づくりで予防に努めるのは大前提。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.