くらし情報『羽生結弦、前人未踏の「4回転半達成」に託された、地元スケートの“危機”』

2021年10月30日 17:00

羽生結弦、前人未踏の「4回転半達成」に託された、地元スケートの“危機”

羽生結弦、前人未踏の「4回転半達成」に託された、地元スケートの“危機”
羽生結弦
10月23日、フィギュアスケートの『グランプリシリーズ』が、ついに開幕した。

「第1戦の『スケートアメリカ』には、宇野昌磨選手やアメリカのネイサン・チェン選手が出場しました。今シーズンは来年の2月に北京五輪が開催されます。冬季五輪が控えている『グランプリシリーズ』は、普段とは違った緊張感を持って挑む選手も多いでしょう」(スポーツ紙記者)

羽生結弦は2年ぶりの出場となり、11月12日の『NHK杯』で初戦を迎える。

「開幕を前に、参加選手が抱負を発表しました。羽生選手の抱負は“できること、一つずつ”。夢の4回転半成功に向けて、今できることを丁寧に積み重ねていく、という意味が込められています。さらに、4回転半について“今、全神経と全気力を使っている感じです”とも話しています」(同・スポーツ紙記者)

今年の3月には“あと8分の1回転、回れば立てる”と語っていたが、夢の達成は近づいているのだろうか。

■中学時代から輝いていたゆづ

羽生の地元・仙台で、素顔を知る人たちに話を聞いた。

彼が通っていた『仙台市立七北田中学校』には、当時も在籍していた職員がいる。

「中学時代から羽生くんは“別世界の人”でしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.