くらし情報『「あえて逆をいく」が節約の決め手!貯めてる人は“高級しょうゆ”を買う』

2021年11月3日 06:00

「あえて逆をいく」が節約の決め手!貯めてる人は“高級しょうゆ”を買う

さらに言えば「買い物頻度」の低いバターやしょうゆなどは高級品を買ったり、ストレスがたまっているならコンビニで衝動買いしたりといった、節約の点では常識の逆と思われるようなことをあえてしたほうが、満足感を得られて本当のコスパもアップ、節約のモチベーションが上がるという。

「無感動で我慢ばかりの長続きしない節約は1日も早くやめて、幸せ感のある節約ライフにぜひ切り替えてください」

山崎さんに教えてもらった「逆転節約術」をご紹介する。

■バターとしょうゆは高いモノを買う!

毎日食べるものは安いほうがいいと思い込んでいるが、ときにはこのルールからはずれてみよう。1回の消費量が少なくて長持ちし、買う頻度が低いものは、あえて高級品を買うのだ。例えばバターやしょうゆ。

1個約1500円のカルピスバターや特売品の2~3倍はする高級しょうゆは、いままでの“節約道”からは考えられない。でも、使いきるのに1か月半とか2か月かかるとすれば、1日あたりのコストはごくわずか。バターを60日間で消費するとしたら1回25円、これを6枚150円の食パンに塗れば1枚50円にもならない。

「食パンは安いものにして、それに高級バターを塗る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.