くらし情報『セクハラ ・盗撮・素人アドバイス、評論家以上にやっかいな「ラーメンオタク」の実態』

2021年11月3日 08:00

セクハラ ・盗撮・素人アドバイス、評論家以上にやっかいな「ラーメンオタク」の実態

セクハラ ・盗撮・素人アドバイス、評論家以上にやっかいな「ラーメンオタク」の実態
写真はイメージです
《顔は写さないから身体だけ撮らせて》
《とにかく怖かったです》

これは、元『バイトAKB』のメンバーで複数のラーメン店を経営する梅澤愛優香が、ツイッターにアップした告発文だ。最初の《》は、“ラーメン評論家”に強要されたという内容の文言で、次がそれに対する彼女の拒絶の感想。

■嘘の書き込みで裁判も

梅澤はセクハラなどを理由にラーメン評論家の入店を禁止することを表明。この告発が波紋を呼んでいるが、彼女の意見を理解しつつも、別の被害を挙げるのは同じ立場のラーメン店主だ。

「評論家も面倒ですが、日常で面倒を起こすのはラオタの人たちですよ」

ラオタ=ラーメオタク。特に『食べログ』や『ラーメンデータベース』などのグルメ系レビューサイトに、店の感想を投稿する熱狂的なラーメン好きをそう呼ぶ。

彼らは食したラーメンを、ネットのグルメ系レビューサイトで“採点”することを生きがいかのように活動しており、このオタクは、ラーメン店に実害をもたらしている。

「よく聞くのは、“この店は業務用スープを使ってる”“使うようになった”という書き込みですね。『食べログ』、『ラーメンデータベース』、『グーグル』の口コミだったり、今はいくらでも感想を“主張”する場所がありますからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.