くらし情報『太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段』

2021年11月2日 17:45

太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段

太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段
爆笑問題・太田光、言っちゃった⁉︎
10月31日投開票が行われた衆議院議員選挙で、各局が選挙特番を組んで開票結果を逐一報じた。それぞれメイン司会やMCを立てて、各党の党首や現職大臣、注目の候補者らと中継を結んでは生討論を繰り広げたのだが、TBS系の『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』の放送内容をめぐって大炎上が起きている。

中でも集中砲火を浴びているのがスペシャルMCを務めた、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光だ。スポーツ紙芸能デスクがことの経緯を解説する。

「立憲民主党の枝野幸男代表らとの中継時に、“僕は立憲民主党に入れたんですけど”とまさかのぶっちゃけ。投票が締め切られた後の発言ですから法的にはセーフですが、公平な立場で仕切るべき番組司会としては少々問題ありと言えます。ただ、炎上の原因となっているのは、与党である自民党の大物たちを前にした発言と態度でした」

自民党幹事長の甘利明氏との中継で、まさかの苦戦を強いられていた同氏に対して《相当ショックな状態になってると思いますので、いろいろこれから考えてください。ヒャッハッハッハ。ご愁傷さまでした》と笑いながら言い放ったのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.