くらし情報『太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段』

2021年11月2日 17:45

太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段

■二階氏に「死ぬまでやる?」

「他にも“日焼けしてますけどゴルフ焼け?”“これもう戦犯ですよ?”などと、投げかけられた甘利さんは終始苦笑いを浮かべるしかなかった。確かに“政治とカネ”問題で説明責任を果たしたとは言い難く、これに“よく言った”などと太田の姿勢を支持する声も見受けられました」(同・芸能デスク)

さらに、太田の“暴走”は止まることはなかった。当選が決まった前幹事長の二階俊博氏を相手にとり、《二階さんはいつまで政治家続けるつもりですか?》《死ぬまでやると?》と82歳の高齢であるからか、その去就について触れたのだ。

「この質問に“失礼だよ!”と不快な態度を示す二階さんに、“失礼じゃないよ、当然国民の権利じゃん、そんなの聞くの”とタメ口で応戦。ここで時間切れとなると、太田は“ダメだな。向いてないな、オレ”と反省の態度を見せたと思いきや、インタビューが中途半端になったことに対する反省でした。

フジテレビ系の選挙特番にコメンテーターとして出演していた橋下徹氏も、同様に候補者と激しいバトルを繰り広げてはいましたが、『れいわ新選組』の山本太郎氏への“詐欺師的”発言以外は一応の礼節は踏まえていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.