くらし情報『太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段』

2021年11月2日 17:45

太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段

太田が、国民が知りたいことを忖度なく聞いたのは評価すべきですが、“選挙特番の顔”としての態度と礼儀のなさが問題視されているのです」(同・芸能デスク)

放送翌日、太田の代わりに《皆さまのご指摘。ご愁傷様についてです》と見解を自身のツイッターで綴ったのが妻で、事務所社長の太田光代氏だった。

《この言葉。決して悪い言葉ではありません。ご愁傷様は、おきのどくさまです。です。漢字でもご理解いただけるように。ご愁傷様です。これは、心を慮りのゆえです》と、甘利氏へ向けた言葉は決して悪い意味ではなかった弁明。

さらに《アーリンに礼節など無理です。ただ、皆さんは礼儀正しく美しく。生きているのですか?そんな人は芸人出来ません。少なくとも馬鹿ですよ。芸人は》と、芸人・太田の立場を擁護してみせたのだった。

ところが、これが火に油を注ぐ形となり、ますます燃え広がる騒動に。光代社長が言う通り、確かに太田は“芸人”であることを貫いたのかもしれないが……。

■「サンジャポ」のノリで選挙特番

「選挙特番はバラエティー番組ではありません」とは、キー局報道番組ディレクター。

「太田さんは、自身が出演するTBSさんの『サンデージャポン』と同じ“ノリ”で臨んでしまったのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.