くらし情報『太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段』

2021年11月2日 17:45

太田光が選挙特番で炎上、背景に“しゃしゃる司会者”と「怒らせたら勝ち」常套手段

同番組は“ジャーナリズム・バラエティー”と謳っているだけに、MCの爆笑問題とレギュラー陣と一緒になって時事問題やニュースを面白おかしく取り上げる内容になっています。

たとえ太田さんがボケて笑いに走ったり、ゲストをいじり倒したとしても“バラエティーだから”と許して見られる部分があります。でも、国の未来と国民の生活を左右する国政選挙で、それを伝えるのが選挙特番。TBSさんは独自の色を出そうとしすぎたのでは?」

NHKや民放キー局が、それぞれ一斉に開票結果を伝える選挙特番ではどうしても互いに似た番組構成になってしまうのも事実。そこで、少しでも他局との差別化を図るために、選挙特番初挑戦という不安はあれども、忖度なしにズバズバ切り込む太田に白羽の矢が立ったのだろう。彼は自分に課せられた仕事を全うしたとも言える。

「それでも太田氏の発言は到底受け入れられるものではありません」とは与党関係者。

「政治の世界では、与野党に関係なく“発言は否定しても、人格や人間性は否定するな”という不文律があります。テレビで、しかも生放送の場で強く言い返すことのできない公人に対して、一方的に批判をする、それこそ“誹謗中傷”とも取られかねない言葉ではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.