くらし情報『先生から見たPTA「会費は給与から天引き」「余計な仕事が増えた」聞こえてきた“本音”』

2021年11月12日 07:00

先生から見たPTA「会費は給与から天引き」「余計な仕事が増えた」聞こえてきた“本音”

先生から見たPTA「会費は給与から天引き」「余計な仕事が増えた」聞こえてきた“本音”
※写真はイメージです
何かと敬遠されがちな「PTA」。保護者からはさまざまな不満や意見が聞こえてきますが、では、先生たちの本音はどうなのでしょうか。これまで数多くのPTAを取材し、11月12日に『さよなら、理不尽PTA! ~強制をやめる!PTA改革の手引き』(辰巳出版)を上梓するノンフィクションライター・大塚玲子さんが、その実態と本音に迫ります。

■「会費が給与から天引き」のケースも

「PTAって保護者の団体でしょ」と思っている人がほとんどでしょう。でも実は、PTAにはP=親・保護者だけでなく、T=教職員も入っています。

役員になったり、活動をしたりするのは保護者、実質的に母親ばかりが想定されていますが、教職員も有無を言わさず加入させられることが多いのです。つまり、先生たちも意思確認がないまま会費(平均で年額3~4千円)を負担させられているということ。なかには「PTA会費が給与から天引きされる」という学校さえあるようです。

これは、なかなかひどい話です。本人の意思にかかわらず会員とされ、会費をとられるというのは、保護者においてもひどい話ですが、特に会費の用途を考えたとき、教職員の自動加入はますます異常です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.