くらし情報『袋入りのカット野菜も復活!「50度洗い」でしおれた“ゾンビ野菜”がみずみずしくなる』

2021年11月28日 07:00

袋入りのカット野菜も復活!「50度洗い」でしおれた“ゾンビ野菜”がみずみずしくなる

袋入りのカット野菜も復活!「50度洗い」でしおれた“ゾンビ野菜”がみずみずしくなる
パプリカやにんじん入りなど、そのままミックスサラダになるパックもあって便利
野菜を切る手間がかからず、洗い物も少なくなるお助け食材「袋入りカット野菜」が人気だ。カットされた野菜炒めセットや、サラダにピッタリのキャベツの千切りだけど、うっかり食べ損ねて捨ててしまっては本末転倒。そこで、しおれかけた野菜を新鮮なシャキシャキ食感に生き返らせるのが「50度洗い」。

■使い勝手のよい反面、袋入りキャベツには弱点が

コンビニやスーパーで売っている「袋入り野菜」。あらかじめカットしてあるので野菜を切る手間がかからず、まな板や包丁、ボウルなどの洗いものも少なくすむ“主婦のお助け食材”だ。この「袋入りカット野菜」がコロナ禍で売り上げを伸ばしている。

パッケージサラダの製造・販売を行うサラダクラブのアンケート調査(*1)によると、袋入りカット野菜を週1回以上食べる人は37.7%にのぼり、2013年以降、最も高い結果に。同社商品の中でも「千切りキャベツ ビッグパック」は、出荷数が約40%も増加(*2)している。

ただし便利だからと買ったはいいが、袋に入っていることに安心して、未開封のままうっかり食べ損ねてしまうということも起こりやすい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.