くらし情報『フリマサイトの人気商品「使いかけのコスメ・香水」の“ヤバすぎる転売”の裏側』

2021年11月27日 13:00

フリマサイトの人気商品「使いかけのコスメ・香水」の“ヤバすぎる転売”の裏側

フリマサイトの人気商品「使いかけのコスメ・香水」の“ヤバすぎる転売”の裏側
※画像はイメージです
「ちょっと飽きた香水に5000円の値段が付いた」
「お土産でもらって試してみただけのファンデーションが3500円で売れた!」

誰でもいくつか持っている使いかけの化粧品は、いまやフリマサイトの人気商品だ。

■中古品売買は成長市場

個人売買とはいえ、人が使ったものでもちゅうちょなく購入して使える――古着人気などから始まったリサイクル文化もここまで来たか、と思える話だが、いまや世の中には使用済みコスメでも積極的に買い取るお店さえ増殖中。ネットなどでも広告をよく見るようになっている。

新品以外を扱う「二次流通市場での化粧品/コスメの取引が増加しており、メルカリにおける化粧品/コスメの購入数も2014年~2020年の7年間で約12.4倍にも拡大しています」

と、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授の山口真一氏。

「新型コロナウイルスが猛威を振るう中、店頭でサンプルやテスターを試すことができなくなったこともあって、通販で安くお試し購入できる二次流通の重要性が高まっていると推測されます」

山口准教授は分析する。

これは化粧品コミュニティサイト @cosme(アットコスメ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.